スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

She-Hulk 1: Single Green Female #1 翻訳

*「」に囲まれたイタリック体は思考を表す。
*主要な登場人物以外は色を使い回してある。



シーハルク:「何年も前・・・。金曜の夜のハーシーホール、そうUCLA(=カリフォルニア大学ロサンゼルス校)の法学部の校舎でのこと・・・。
他の学生達が音楽を鳴らして騒ぐ中、耳栓をして一人もくもくと勉強をするジェニファー。
ジェニファー
1976年のTSCA(毒物規制法)は以下に適用される。造ること、持ち込むこと、持ち出すこと、そして・・・。え~と、全ての有害化学物質の製造工程において適用される。TSCAにより、このような全ての化学物質はEPA(環境保護庁)の審査と承認を求められる。・・・。
ナレーション:そしてついに、ジェニファー=ウォルターズは上位10%の一人として卒業したのだった。
ここは卒業式。ジェニファーに証書が授与される。

先生
最優等だ(原文はラテン語で「summa cum laude」成績最上位で卒業する学生の卒業証書に記される言葉)。The Order Of The Coif(全米優等法学生会)を授与する(ロー・スクールで法学博士号をとった学生の成績上位一割しか入れない超エリート集団)。おめでとう、ウォルターズさん。君にはとても期待しているよ。
卒業生:あれ誰?あんな子、私たちのクラスにいたっけ?
卒業生:君のいた寮に住んでたと思うよ。
卒業生:そうだったっけ・・・?
:ジェニー!君をとても誇りに思うよ。母さんも同じだ。そう思うだろう?
ジェニファー:パパ、みんなの前でやめてよ・・・。
:これは写真に残しておかなくちゃな・・・。フラッシュを焚くからちょっと待ってろ。
卒業生:七年間も頑張り抜いたんだぜ?信じられるかい!?
:今、求人市場は厳しい状態にある・・・。うるさいぞ、お前たち!
卒業生:このままバーに行こうぜ!
先生:学生ローンが残っているのを忘れるなよ・・・。
卒業生
おい、誰かあいつを黙らせろよ(原文 Someone kill him.)。なあ、校舎で盛大にパーティでも開こうぜ!(原文は「big party at the brick.」brickはレンガのことなので、きっとUCLAの校舎がレンガで出来ているのだろう。)
卒業生:いいね、行こうぜ!
卒業生:みんなで?
卒業生:ああ、みんなでだ。行くぞ。
:証書をこう持って、ジェニー。さあ、笑って。
ナレーション:
ジェニファー=ウォルターズは弁護士は自分に向いているとずっと思っていた。・・・ガンマ線に曝された血液を輸血され、世界でもっともセクシーで快活な最強のスーパーヒロイン-シーハルクになるまでは。今日は・・・アヴェンジャーズマンションでの月曜日の朝。地球最強のヒーローたちの本拠地。
散らかる部屋に呼び出し音が響く。

無線:
水曜日は一日を通して晴天に恵まれると思われます。さて次は著名な料理人ルーシー=チョーの料理をご紹介します。ありがとう、ブライアン。今日の極上の一品はジャネット=ヴァン=ダインズ(ワスプの本名)の春のファッションショーの二次会から持ってきたものなんだが、そこではみんなのお気に入りの2mを越す緑色の独身女性がヨーロッパトップ男性モデルのミカと去っていくのが目撃されたそうなんだ。だから、もしこれを聞いていたら・・・女性達の為を思うなら(雑誌の読者である女性達を失望させるな、という意味か?)、この事を守ってくれよ(口外するなよ)、いいかい?
シーハルク
う~ん・・・。しまった!またやってしまった! 私は今、大衆雑誌の中でも指折りのモデルと一緒に寝ている・・・しかも、元の姿(人間)に戻ってしまった。むぅ!おまけに(彼が邪魔で)動けない。事が起こる前にどうにかしなきゃ。彼が起きて事の全容を知る前に。"俺はシーハルクと一晩過ごしたはずなのに、起きてみたらこうなっていたんだ(君がいたんだ)"と言われる前に。どうにかしなきゃ、どうにかしなきゃ・・・。
シーハルクに変身できたのはいいが、その反動で彼を吹き飛ばしてしまう。
ミカ:君のベッドはエアバッグをつけるべきだよ。
シーハルク:ごめんなさいね、あなた。まったく無意識のうちに筋肉が痙攣してしまったみたいなの。
ミカ:それならいいんだ。でも、次は教えるくらいしてくれよ。そうしたら、シートベルトを閉めるからさ。おはよう。
シーハルク:おはよう。
アヴェンジャーズ・マンションの屋上で朝食を取る二人。

シーハルク
う~む、ジャーヴィス、あなたの朝食は本当にたいしたものだわ。とってもおいしい!(原文 tres delish. フランス語なのかな?)
ジャーヴィス:そうですね、確かにシーハルクお嬢様の好みに合わせてご用意いたしました。バケットにいっぱいの朝食です。
シーハルク
もうひとつバケットを急いで持ってきてくれるかしら?だけど、炭水化物は控えめにね。今、アトキンスダイエット中なの。(*アトキンスダイエットとは別名「低炭水化物ダイエット」とも言われ、特にアメリカにおいて2000年頃流行した。炭水化物の摂取量を極端に減らすことにより、糖分よりも脂肪を消費させるように誘導するダイエット法。現在はその危険性が指摘されている。)
ジャーヴィス:もちろんです、お嬢様。しかし、初めにお嬢様に伝言を申し上げてもよろしいでしょうか?
シーハルク:いいわよ、ジャーヴィス。それで?どうしたの?
ジャーヴィス
アイアンマン様は気にかけていることがあると申しておりました。いつもの夜通し過ごされるお嬢様のお客様のことです。アヴェンジャーズ・マンションのセキュリティ管理の負担となっているそうです。もし、シーハルクお嬢様が前もってわかるなら、よろしければ来客リストを作って渡していただきたいのですが。たとえば、一週間前にでも。
シーハルク
は、一週間?ジャーヴィス、毎晩毎晩、私がどうするかなんて覚えてらんないわ。ほら、彼を見てみなさいよ。素晴らしいと思わない?
ジャーヴィス:はい、お嬢様。しかし、彼はハイドラの邪悪なスパイとも成り得るのです。(スパイかもしれないのです)
シーハルク
そうね。もし、ハイドラのスパイみんなが彼みたいにキュートで引き締まったお尻をしていたら、世界征服も許してしまうかもしれないわ。ああ、もうこんな時間!ジャーヴィス、”ハイドラのスパイ"を見送ってもらえるかしら?仕事に遅れそうだわ。
ジャーヴィス:かしこまりました、お嬢様。
裁判所へと車で急行するシーハルク。そこへ電話がかかる。

タワー:ジェン、ブレイク=タワーだ。裁判が始まる前に君と話したいことがある。
シーハルク:タワー州検察官、わざわざ連絡ありがとうございます。
タワー:君はパクストン事件に関わっていると思う。倉庫が倒壊したのか?
シーハルク:その通りです。その会社は不当に南極のヴィブラニウムを貯蔵していました。
タワー
それで、どうして法廷に血液学者を呼んだんだ?血液のスペシャリストと危険なヴィブラニウム金属はどう関係しているんだ?
シーハルク:ばっちり関係していますよ。私を信じてください。この事件を公に暴露しようとしているところです。
タワー
ジェン、訴追人(原文 prosecutor.検察)の事務所は弁護士団でもあるんだぞ。これはおよそ賛成できることじゃないな(原文 this is not hot dogging.「hot dog」は「賛成・満足・喜び」などを表す。勝ち目がないということか)。つまり・・・ちょっと待て!これはカーフォン(車載電話)なのか!?まだ法廷についていないのか!?
シーハルク:ああ、もう行かなきゃ!(駐車するのに)ちょうどいい場所を見つけたわ。
急ブレーキをかけたため、近くにいた少年に砂煙がかかってしまう。

少年:おい!
シーハルク
ああ、駐車特権だわ!(アヴェンジャーズのメンバーは任務の特殊性ゆえか色々と特権があるらしい)ごめんなさいね、あとで請求書を送っておいて。
少年:だけど・・・
シーハルク:見なさい、坊や。この標識には「たむろするな」(原文 no loitering.)と書いてあるわ。
少年:そうかな?「駐車禁止」とも書いてあるけど。
法廷で最終弁論をするシーハルク

シーハルク
・・・最後に、我々(弁護団)は以下についておよそ意見が一致しています。パクストン氏が不法に南極のヴィブラニウム、つまり、すべての金属の原子結合を破壊する振動を引き起こすような有害な物質を貯蔵していたということです。確かに、彼は被害を及ぼした近隣のすべての建造物・所有物を補償することを認めました。しかし、近隣住民に対してはどうでしょうか?先ほど、建造物について審問したように、近隣住民の血液中の鉄分も審議する必要があるのではないでしょうか?鉄分が足りずにヘモグロビンが生成されなければ、この被害者達は肝臓や心臓の疾患、癌、さらには糖尿病などに罹りえます。
パクストン:この裁判には大金を掛けているんだぞ!なんとかしろ!(小声で)
ブック:裁判長、異議あり!(原文 Your honor! I object! )
シーハルク
彼女はマロリー=ブック。スーパーモデルのようなルックスの敏腕弁護士だ」(原文 barracuda lawyer.特にこの用例は無かったが、barracuda=オニカマスの獰猛さからやり手・敏腕の意味に取った)。「”敗北を知らぬ人”(原文 "The face who never lost a case.")と呼ばれているけど、私が一泡吹かせてやるわ。」(検察団の後ろの席を見ながら)「気がかりなのは彼女の上司だわ。前列の席に座っている人を見ると・・・かの有名なホールデン=ホリウェイじゃない!彼と対決するくらいなら、ウルトロン(アヴェンジャーズの敵であるロボット)と2~3度戦う方がまだマシだわ!
突然、アヴェンジャーズからの通信が入る。
ああ、余計なこと考えるんじゃなかった。」(原文 gotta be careful what i wish for... 直訳すれば私が願うことを気をつけなければ、くらいか。自分は直前の文「彼と対決する~」の後にアベンジャーズからの招集が来たことから上のように訳した)ギブソン裁判長、たった今アベンジャーズからの緊急招集を受けました。短時間の休廷が必要です。行かなくては・・・世界を守るために。
ブック:彼女は私を侮辱しています!裁判長、彼女は最終弁論も半ばなのです!
裁判長
確かに承知した。偉大な目的のためには、つまりアヴェンジャーズの任務のようなものは例外として何よりも優先しなくてはいけない。次回の開廷は明日とする。
シーハルク:感謝します、裁判長。
法廷を飛び出すシーハルク。ブックは呆れている。

オーガスタス
ホリウェイさん、雲行きが怪しいですね。依頼人(パクストン氏)が犯した罪は重大です。それに、現行犯(原文 red-handed.「血だらけの手」を意味する)でもあります。どうして、こんな案件を受けるんでしょうか?要するに、この裁判は我々が普段受けるような・・・ええと、専門とするような案件ではないです。
ホリウェイ
我々は裁判をした。なぜだかわかるかね、オーガスタス君、シーハルクがこの案件に選任されたからだ。彼女は全くうまくやり遂げてしまう人だ(原文 She is what makes it special.makes it specialの部分はmake it big大成功の意味で訳した。彼女は優れた弁護士だ、でもいいかもしれない)。事実、弁護士として・・・
ここは宇宙空間。アヴェンジャーズとA.I.Mが戦っている。モードックとブリザードは額を線でつながれ、二人はバリアに覆われている。また、ブリザードは巨大なキャノンを操縦している。
ナレーション:シーハルクはこの惑星で唯一無二の存在だ。
モードック
もう手遅れだ、アヴェンジャーズ!貴様らは我が宇宙軌道プラットフォーム(原文 orbital space platform.)をきっと破壊するだろう。しかし、クライオキャノン(原文 cryo-cannon.凍結ビームみたいな感じか)はすでに完全作動状態にあるのだ!そして、地球がひとたび完全に凍ってしまえば、その偉大なテクノロジーも略奪されることになろう・・・我らがA.I.M(「Advanced Idea Mechanics」マーベル・ユニバースにおける、テロリスト集団)によって!!
キャプテンアメリカ:止めるんだ、モードック!誰かあの銃(=クライオキャノン)をなんとかするんだ!
アイアンマン:やっているよ、キャップ!だけど、モードックのシールドがあまりに強固なんだ。
シーハルク:私がやるわ!
ブリザード:発射!
クライオ・キャノンを盾で受け止めるキャップ。

キャップ
急いでくれ、シーハルク!真空の宇宙空間ならクライオキャノンは無害だ・・・だが、もし地球の大気圏に届いてしまったら・・・
シーハルク
わかったわ。「キャプテンアメリカ、アベンジャーズ、そして地球のみんなが私を頼りにしている。見せ場だわ」(原文 It's hero time.)
モードックのバリアを殴り壊し(アイアンマンやヴィジョンでも壊せなかったのに!)、二人を振り回すシーハルク。
さあ、モードックのシールドの中にいた誰かさん!彼はクライオキャノンのエネルギー源だと思うわ。ええと、あなたはアイアンマンに負けたヴィランの・・・スノーフレイク?フリーザー・バーン?それとも、チリー・ウィリー?
ブリザード
ブリザード!俺はブリザードだ!!このやろう!(原文 you,cow.雌牛、つまり「このアマ」が正しいと思うが、ここでは一般的に使われる「この野郎」とした)
シーハルク
(そんなこと)どうでもいいわ。まるで、それいけモードックね。(原文 ol' MODOK.「ol'」=「ole」オーレ。スペイン語か)ぶっ飛ばしてあげるわ。あなた達は言わば、凍った旗竿に舌をくっつけて動けなくなったガキンチョなのよ。(原文 That, or this thing's his tongue and you're his flagpole.直訳すると、あなた達は言わば、この物(モードックとブリザードをつなぐ導線)がモードックの舌でブリザードはそれにくっつくフラッグポールね。これはアメリカ?の「A Christmas Story」と言う映画から来ているものだと思う。ブリザードの「you,cow.」に対する言葉として上のように訳した。)
線がちぎれ、吹き飛ばされるモードックとブリザード。
モードック:あぁ~っ!はずれる~!ブースターパックを起動しろ。脱出計画オメガだ!
遅れて?登場するハーキュリーズ。

ハーキュリーズ:全く臆病な奴らだ。アヴェンジャーズに恐れをなして逃げ出した!オリンピアの獅子こと、ハーキューリーズにも尻尾を巻いて逃げ出し・・・。
先ほどの戦闘でつかれてぐったりとしているシーハルク。

シーハルク:ええと、ハーク(ハーキュリーズのニックネーム)、ちょっと手を貸してくれるかしら?
ハーク
心配するな、私が支えて置こう。よし、なにか願い事はあるかな、ジェニファーお嬢さん?私ができることなら叶えてあげよう。
シーハルク:見たところ、私はちゃんと世界を救えたみたいね?祝勝パーティなんてどうかしら?
ハーク:ハハッ、しょうがないな!(原文 So be it!(諦めた様子で)そういうのならそうだろう)
ここはアヴェンジャーズ・マンション。盛大なパーティが開かれ、シーハルクは熱唱している。

シーハルク
私たちは歌っているわ、それは勝利の証なの♪歌い続けるのよ♪ぶっ倒されたって、また立ち上がるわ♪(CHUMBAWAMBAの「TUBTHUMPING」と言う曲のサビの部分なのかな。ちなみにTUBTHUMPINGは熱弁と言う意味です)
ハーク
まさに(原文 aye. 賛成を表す。例「aye,aye,sir!」上官が女性の場合は「aye,ma'am.」どうでもいいですね。)、ディオニュソス(豊穣神・酒神。バッカスとも)にふさわしい祝賀会だな(シーハルクその他の熱狂的な雰囲気がディニュソスの女信徒バッカイ[backhai]に似ていると言うことか)。ところで、君は誰だい、シーハルクの友達かな?
ミカ
僕はミカ、シーハルクの友人です。彼女は悲しいことに(原文 「say to say,」この用例がどうしても見つからなかったので、それに近いスペルの「sad to say」残念なことに、と言う意味で訳した。あえて原文を訳すなら、しきりに、くらいが適当か。わかる方コメントお願いします。)、僕がハイドラのスパイだと言うんだよね。
ハーク:なんだって?
隅でシーハルクのことを冷静に見つめる二人。

キャップ:ちょっと話したいことがある。
アイアンマン:スティーブからトニーへかい?それとも、キャップからアイアンマンにかい?
キャップ
アヴェンジャーからアヴェンジャーへだ。(アヴェンジャーズのリーダーとして、アヴェンジャーズのメンバーである君に言いたいことがある。組織の有りようについてか。)こんなパーティをシーハルクは開き続けているんだ・・・。
アイアンマン
言いたいことはわかるよ(原文 I hear you.同情を表す相槌。「聞いているよ」はI'm listening.「聞こえるよ」はI can hear you.蛇足過ぎますね)、キャップ。時に彼ら(シーハルクとミカ)はアヴェンジャーズ・マンションの和を確かに乱すんだ(原文 affect the structural integrity of the mansion.直訳すれば、マンションの構造的整合性(規範)に影響を与える)。
少し疲れたような表情で後片付けをしているジャーヴィスに近づく二人。
キャップ:彼らが及ぼす影響がどうしても気がかりなんだ。ジャーヴィス、協力してもらえるかな?
アイアンマン:スティーブ(キャップの本名)・・・
ジャーヴィス:なんと!ああ、キャプテン、万事は順調に進んでおります。
キャップ
そろそろ私たちのうちの誰かがジェニファーと話をする頃合だと思う。・・・そして、彼女に”パーティ”(楽しいこと)はすっかり終わってしまったのだと気づかせるんだ。」(原文 let her know "the party" is officially over.アヴェンジャーズとの関係は正式に終わったんだと知らせるんだ。恐らくこちらが本意と思われる。掛詞か)
ここは裁判所。パクストン事件について裁判が行われている。裁判所の目の前に駐車されているシーハルクの車を調べようとしている白バイ隊員。
裁判所職員:ただいま裁判が開廷中です。ギブソン判事閣下が議長を務めております。
白バイ隊員:またアヴェンジャーズの緊急招集なのか?今週でもう三度目なんだぞ!
シーハルク
パクストン氏の過失のために、被告(=パクストン氏)は近隣の建造物や車に損害を与えただけでなく、その地域の住民すべての健康と安全を危険にさらしたのです。陪審員として、彼の罪を見極めることがあなた達の責務です。それ(シーハルクの弁論か)を考慮して、被告がどれほどの報いを受けるべきか(原文 pay the piper.費用を負担する)決めてください。
ブック:何か特に言うべきことはありますか、裁判長?
裁判長:これといってないな、ブック氏。陪審員が戻ってきたら(判決が出たら)再召集しよう。では、閉廷。
シーハルク
一泡吹かせてやったわ(原文 I nailed this.直訳すれば「これを仕留めた」)。寛大で殊勝な振る舞いをする番ね」(原文 Time to be generous and play nice.)ちょっと一言立ち寄らせてもらうわ。私はホリウェイ氏にはとても敬服していますし、誰もが彼の法律事務所には賞賛を送りますわ。あなた(=ブック)はこのような裁判を本当に数えきれないほどこなしていらっしゃいますね。先日はアヴェンジャーズの緊急招集でご迷惑をおかけしましたわ。
ブック
ええ、全くあなたの言うとおりね(原文 perfectly all right, dear.先頭のYou areが抜け落ちた文。dearは敬称であるが、ここでは「おや」「まあ」などの間投詞で語調を整える役割か)事実、今こうして裁判の延期続行手続きをしようとしていたところなのよ・・・かわいそうな猫ちゃん(=パクストン氏か)を助けてあげるためにね(原文 so I could go get a cat out of a tree.直訳すれば、「木から(降りられなくなった)猫を助けるために(orように)。」ここはあまり自信がない。わかる方はコメントお願いします)。
シーハルク:ちょっと!そんな必要ないわ!(勝訴を確信しているためか)
奥から、職員が何かを持って出てくる。

職員:裁判長。
裁判長:それはなんだね、ロイド君?誰かハンドバッグをおいて行ってしまったのかな?
職員:いいえ、裁判長。陪審員の評決が出たようです。
ここはD.A(地方検事)事務所。シーハルクの勤め先。盛大な勝訴?パーティが開かれている。

タワー
こちらのジェニーを讃えたいと思う。この街一番の凄腕弁護士を抑えて、パクストンのような卑劣な奴の本当に痛いところをついてくれた、彼は裁判費用や賠償金に困っていた!(原文 facing down the biggest hired guns in town! hitting a rat like paxton where it really hurts--the wallet!ここのgunは名人・達人の意味。「hit O where it hurts」で「急所を突く」の意味。walletは札入れと言う意味だが、ここではお金と言う意味で取った。)それと・・・ほかに何かいい忘れていることはあるかな?
同僚:それに、陪審員評決の最速記録もだね!
みんなが泥酔した後、シーハルクは電話をかける。

シーハルク
ミカ?ジェンよ。ジェン=ウォルターズかって?シーハルクよ。そう、それがジェンなの。ほら、職場で私のためにパーティを開いてもらっているの。来ない?そう、今週で三回目のパーティなの。でも、きっと面白いわ。おいでよ。
ミカ:ここで合ってるのかな?誰もスーパーヒーローなんていなかったぞ。ハロー?
シーハルク
どう表現したらいいのかしら?世界を救って、裁判に勝って、最高の彼(=ミカ)も手に入れた。誰か私の事を映画にすべきだわ。」やったぁ!(原文 you made it!「やったね」「すごい」と言う意味。ここでは「ちゃんとやってこれたわね」または「よく来てくれたわね」くらいか)
ドアを開けた途端、シーハルクに押し倒されるミカ。
ミカ:あぁ~!
シーハルク:「こうして映画は終わり、クレジットが流れるのよ。
ここはアヴェンジャーズ・マンション。衣服が散らかった部屋でミカは急いで出かける準備をしているが、シーハルクはまだ眠ったまま。そこに無線の呼び出し音が響く。

無線:
今日も街は素晴らしい日和でございます。我々はアヴェンジャーズに感謝しなければいけませんね。彼らは悪人の撃とうとしたクライオ・ビームから地球を守ってくれたのです。加えて、気絶してしまった彼(=ブリザード)をしっかりと地球まで送り届けてあげたのです(原文 and sent him cry-o-ing all the way home.「cryo」は「冷凍の」連結形。coldに「気絶する」と言う意味が合ったのでそう取った。シーハルクに振り回されて気を失ったのだろう)。おぉ~、なんて気の毒なヤツなんだ、ブライアン!(原文 that's bad.なんて悪いヤツだ。前文の「bad guy」悪人に掛けているのか)
シーハルク
助かったわ。眠っている間に元の姿に戻らなかった。まだ魅力的な(豊満な)身体のままだわ(原文 still large and in charge.いい意味で取れば「グラマー」悪い意味で取れば「デブ」)。だけど、彼はどこかしら・・・?」ミカ?
ミカ:起きているのか。急がないと。
シーハルク
あなた?何をしているの・・・?ベッドの下に何か置いたでしょう!盗聴器(原文 bug.ただの「虫」か)か爆弾かそれともなんなの!
ミカ:そうさ、爆弾だよ。
シーハルク:なんてことなの!!あなたは本当にハイドラのスパイなの?!
ミカの言葉に仰天し、ミカの上に馬乗りになるシーハルク。

それは・・・それは靴ね。
ミカ
そうだよ、僕の靴さ。僕が爆弾だと言ったのは街での騒ぎのことさ。(原文 they the bomb. I talk "street."ここのbombは「人を騒がせるような事件」という意味か。シーハルクとの関係をパパラッチなどに感づかれたのかもしれない。)
シーハルク:だから、あなたは靴を取ろうとしていたのね、私が起きる前に。
ミカ
そうなんだ。驚かせてしまったのは謝るよ、だけど、これ(=シーハルクとの交際)は僕には合わないみたいだ(原文 sorry, but this not working for MIKA.「work for me.」で「上手くいく、都合がいい」)。
シーハルク
ほら、あなたの周りに散らばっている物が気に入らないなら、きっと改めるわ・・・(一晩過ごしたあとはいつも部屋が散らかっている。よほどシーハルクはアグレッシブなんだろう)。
ミカ
いや、君との夜はとても楽しかったよ。だけど、交際ということを考えると、もっとなにかが必要だと思う・・・なんていうのかな?ああ、”思慮深さ”(原文 depth.)かな。
シーハルク:”愛情の深さ”(原文 depth.)?だけど、あなたはモデルなのよ!
ミカ:ジャーヴィス、出口を案内してもらえるかな?
ジャーヴィス:こちらでございます。
シーハルク:下着モデルなのよ!
シャワーを浴びているシーハルク。

これはおニューのドレスなの。下着モデル(=ミカ)は私にもっと彼との交際を真剣に考えるようにと思っているんだわ(原文 an underwear model thinks I need depth.ミカの言った「depth」は「慎重さ」、シーハルクが受け取った「depth」は「感情・力の強さ」つまり、ミカは「君にはもう少し慎重に行動してもらわないと付き合いきれない」と言いたかったのだが、シーハルクは「ミカの事をもっと強く愛してくれ。depth of she-hulk's love.くらいか。」と受け取ってしまったのだと自分は思う。だから、舞い上がっているのだろう。)。私によ!
シーハルクがシャワーから出たところに誰かが訪れる。
キャップとジャン(ワスプのこと)じゃない、どうしたの?
キャップ:すまない。私たちは君がちゃんと服を着てから戻ってくるよ。(シーハルクはバスタオルを巻いている)
シーハルク:おぉ、キャップ!待って!私よ。二人揃ってどうかしたの?
キャップ:シーハルク、君にはアヴェンジャーズ・マンションを離れてもらおうと思う。
シーハルク:なんですって!!私をチームから追い出そうと言うの!?
キャップ:いや、もちろんそういうことじゃない。君はアヴェンジャーズの大切なメンバーだ、ジェニファー。
ワスプ
つまり、キャップが言いたいことは、”ジェン、あなたも知っている通り、ここは(=アヴェンジャーズ・マンション)いつでもあなたのためにあるのよ。だけれど、物理的に、と言うわけではないの。(離れていても)ここで暮らすこと、このマンションで暮らすことよ。それは実質的には変わらないのよ”(原文 per se.本質的に。ラテン語)。
シーハルク:だけど、だけど、どうして、なんで?
キャップ
君はアヴェンジャーズの特権を乱用していたと感じるんだ。クリーニング、執事、そして無断駐車。ほんの2~3例だがね。
ワスプ
でも、あなたが新しい居場所を見つける時間はたくさんあるし、その合間には楽しいことも山ほどあるでしょう。私たちは未だにモードックとブリザードを追いかけなくてはならないのよ・・・。それに、新マスター・オブ・エヴィルズの構成についての報告書を作っているの。それで・・・。
シーハルク
私が・・・やってやるわ(原文 I'll get on that.モードックやブリザードを捕まえてやる、ということか)。
D.A事務所の前に駐車された車を調べる警官。
警官:そうなの、アヴェンジャーズ特権ナンバーをコンピューターで照合してみたけど、一致しなかったのよ。
職員:しかし、プレートにはシーハルクと書いてありますが・・・。
警官
だから?我々が知りうる限りではシェイラ=ハルコウィツの所有物みたいね(原文 could belong to Sheila Hulkowitz for all we know.書類上の偽名か)。車止めをつけてちょうだい。(シーハルクは本当にアヴェンジャーズから追い出されてしまったみたいだ)
シーハルク
仕事が終わってすぐのこと。やあ、みんな!昨夜のパーティは楽しかったわね。もし、後で誰か新しいものにチャレンジしてみたい人がいたら、この街区を降りたところにスシとカラオケのお店がオープンしたのよ。そこで、ランチなんか考えているんだけど・・・
潰れているコピー機を見ている職員。
職員:タワー所長があなたに会いたがっていますよ。
所長の部屋に入ると、そこには先客がいた。

シーハルク:ボス、どんな御用・・・マロリー=ブック?
ブック
それではここの所で、ブレイクさん。ちょっとお話をしていたのよ、ウォルターズさん。でも、忙しいからこれで帰るわ。急いで街の人ごみを抜けて、炎天下のビルにいる片親の無い子どもたちを引き取りに行かなきゃ。
シーハルク:彼女はここで何をしていたんですか?
頭を抱え、疲れきった様子で答えるタワー所長。

タワー
専門職の礼儀でね(原文 professional courtesy.)。知らせにやってきてくれたんだ・・・グッドマン、リーバー、カーツバーグ、ホリウェイ(=GLK&H事務所)はパクストン事件において、首尾よく無効審理を勝ち取ったそうなんだ。
シーハルク
そんな馬鹿なことってないわ!!(原文 no freakn' way.「no way」で「まさか」と言う意味。「freakn'」は「fucking」などと同じで語気を強める役割。ここでは「異常・変人」などの意味ではない)
タワー:ああ、頭にガンガン響く。
シーハルク:すいません。しかし、どうやって?
タワー
二日前、君とアヴェンジャーズは地球に生きるすべての者を救った。それにはもちろん、今、君が担当している陪審員も含まれている。君が陪審員たちに与えた好ましくない影響(原文 undue leverage.命を救ってもらったヒーローというバイアス)のことについて議論されたのかもしれない。だから、評決があんなにも早く出されたのだろう。危険な前例なんだ、ジェン。そして、それは多くの開かずの間を開くことになりうるんだ(原文 and it could open a lot of old doors.これと似たような用例が無かったため、「古びた扉」→「触れてはならない場所」と言う意味で取った。)。私はこれ以上そのようなプレッシャーに耐えることは出来ないんだよ、ジェン。君が私のチームに入る前は、私は活力ある人で、威厳のある人だった。頭には髪もフサフサだったんだよ。今ではこんなありさまさ。(タワーはハゲなのだが、これはジョークか)
シーハルク:出て行け、と言っているのね。
タワー
申し訳ない、ジェン。しかし、結局決め手となったのは君の態度なんだよ。我々はここで真剣に仕事をしているんだ。
シーハルク:私はとても真剣よ。
タワー
ジェン。昨夜、事務所内のコピー機を押しつぶしただろう。その時君のお尻をコピーしていたんだよ。(昨夜のどんちゃん騒ぎを指している)
シーハルク:どうして私だと分かるのですか?他の人かもしれないじゃないですか。
タワー:カラーコピーだったんだよ、ジェン。
シーハルク:うぅ。
ここはとある酒場。シーハルクがカウンターでぽつんとうなだれている。

酒場のマスター
もうお代わりはいいのか、ハルカ?(原文 'nother round, Hulka?「'nother」は「another」の短縮形。「round」は「(酒などの)全員への一渡り(分)」と言う意味。)
シーハルク:いや、ルイス。どんどんお酒をちょうだい(原文 Keep 'em coming.どんどん来て)
男1:幸運を祈っていてくれ!(原文 Wish me luck!)
男2:頑張ってこいよ!(原文 Go for it!)
男1:ハーイ、僕はグレッグ。君の大ファンなんだ。酒をおごらせてもらえないかな?
シーハルク:結構よ。
男2:ここにはよく来るのかい?できたら君を・・・
シーハルク:ええ、まあ。それはお断りするわ。
ブリザード
こんな氷はいかがかな?(原文 Want some ice with that?「with that」は「クライオ・ビームを用いた」と言う意味か。)
シーハルク
あなた達は言わなければ分からないの!?(原文 Can't you guys take a hint?空気が読めない奴らね。くらいか)
突然、シーハルクにビームが当たり、氷漬けになる。

ブリザードじゃない。よかった、ちょうどいいわ。(原文Great.Perfect.シーハルクはブリザードを探していたので、こう訳した。エクスクラメーションマークでなく、ピリオドであるところが彼女の落胆具合・やる気のなさを感じさせる)
ブリザード
お前!よくも台なしにしてくれたな!(原文 You ruined it.)一流のヴィランになるという俺の野望を!(原文 My shot at the big time!「shot」は「試み」、「big time」は「最高の・成功する」と言う意味)俺は世界を氷漬けにする男になるはずだった!俺は大物になるはずだったんだ!Dr.ドゥームやマンダリンみたいにな!こんなはずじゃなかった!三流で無名でどう仕様も無い・・・
しかし、簡単にシーハルクは氷を壊し出てしまう。
・・・奴・・・なんだよな。どうせ俺は君にこてんぱんにされる奴らの内の一人に過ぎないんだ、そうなんだろ?そんでもって、取るに足らない負け犬と一緒に牢屋に送り返されるんだ(原文 and then send me back to the vault with all the other small-time losers.「vault」は「貯蔵庫・アーチ構造の通路・教会の納骨所」と言う意味があったが、今回は「アーチ構造の通路」→「牢屋」と取った。「small-time」は「big time」の対義語)
シーハルク:まさか(しないわよ)。(原文 Nah.「No」の口語的表現)なにか飲む?
ブリザード
あ~、わかった、そうするよ。
酒を飲み続け、泥酔したブリザード。
みぃんなにぃ覚え・・・おぼ・・注目しぃてもぉらうというのはぁ、無理ぃな注文(高望み)なぁのかなあ?(原文 Iss it too much to want a li'l recog-recog--attenshun?ろれつが回ってない)もう、うぅんざり!無名で取ぉるにぃ足らなぁい奴のぉまぁまなんてぇ!!(原文 So sssick a' bein' a nobody! a nuthin'!「so[as] sick as 名詞」で「”名詞”にうんざりする」と言う意味か?ここもあまり自信無し。わかる方はコメントをお願いします)
シーハルク
なるほどね。だけど、大物(原文 big shot.)になるですって?それはあなたが思っているほどクールな事じゃないわ。いずれ・・・うわべだけの、うすっぺらいものになってしまうのよ。何も考えずに行動していてはね。(原文 Some days it can be... hollow. shallow. sans depth.「sans=without」深い考え無しには。この発言には彼女の傷心が投影されているのだろう。)
ブリザード:そうなのかい?ワオ、気に入ったよ。これからも君ともっと飲み語らいた・・・
酔いが回り、急に倒れこむブリザード。

シーハルク:ルイス、ちょっと頼まれてくれる?(原文 Do me a favor.)警察にこいつを引きとってもらってちょうだい。
ルイス:すまないね、ハルカ。スーパーヒーローとやらはここに来てはいつもめちゃくちゃに荒らしていくんだ。君とは大違いさ。
シーハルク
そんなことないわ。今日はたくさん飲んでしまったから、そのかわりにやったまでのこと(原文 I just run up a big tab instead.「run up」で「かさむ」、「tab」で「勘定」と言う意味)。私は新世紀を代表する平凡なヒーローよ。
そこに新たな男が現れる。
ある男
君は心底酔ってしまいたいんだろう(原文 You may act drunk.)。だが、類まれなる新陳代謝と巨大な体躯のおかげで、本当に酔ってしまうことができないんじゃないかな?君は心の不安定な実情を紛らわすために酒に頼ってしまったんだね(原文 You used that to defuse a potentially volatile situation.)。
シーハルク
”愛しの賢き人”とでも呼んでよ(原文 Just call me "little-miss-clever."要は、”馬鹿な女”とでも言えばいいじゃない、ということ)。
ある男
いいのかい?では、”大人になりきれない(未熟な)パーティ狂の女の子”なんてどうかな?(原文 How about "immature party-girl"?)
シーハルク
あっちに行きなさいよ、あんた(原文 Step off, pal.)。巨大な体躯だとか大した冗談を言わせておけば、調子に乗っちゃって。言い過ぎだわ!(原文 I let you slide on the "immense body weight" crack. But now you're pushing it!「let O slide」で「Oを成り行きに任せる」、「push」は「プレッシャーをかける」と言う意味か)今日は面白くない日だわ(原文 It's been a long day.)。だから、もうコリゴリなのよ!
ある男:そうなんだね、ウォルターズさん?本当にもうコリゴリなんだね?
シーハルクが振り向くと、そこにいたのはなんと、かの有名な男だった。

シーハルク
ホールデン=ホリウェイ!?あなたは確かに私をあの事務所(=ブレイク=タワーのいた法律事務所)から追い出したじゃない!
ホリウェイ:いいや、あれはすべて君の身から出た錆だよ(原文 You did that all by yourself.)
シーハルク:なに?それで、私を哀れみにでも来たわけ?
ホリウェイ:いいや。私は君に仕事をオファーしに来たんだ。
シーハルク
グッドマン、リーバー、カーツバーグ&ホリウェイ(=GLK&H法律事務所)に!?イーストコーストで最も名高い法律事務所じゃない!まるで夢みたい!まるで・・・。ホリウェイさん、私をオファーしたことを絶対に後悔させないわ!それで、いつから始められるの?ええとつまり、いつから私は・・・。
ホリウェイ
君ではないんだ。私はシーハルクに興味はない。彼女はきまぐれで、自由奔放な精神の持ち主だ。私はジェニファー=ウォルターズが欲しいんだ。抜け目なく、賢い、集中力のある弁護士のね。それこそが私のチームに求めている人材なんだよ。これで決まりだ。後はキミ次第、答えは二つに一つだ(原文 That's the deal.Take it or leave it.「取引成立」。「Here's the deal.」→「よく聞いて・こうしよう」の大事な話をする前に使われる言い回しもある。「Take it or leave it.」は交渉の仕上げに使われる表現)。
シーハルク
今までを振り返ってみると(原文 Lifetime ago.それとも「ずっと前」と言う意味か)・・・ええとシーハルクになってしまう前のことだけど・・・。これがそうだったのかもしれない、という時があった。幸運。千載一遇のチャンス(原文 The brass ring.The once-in-a-lifetime chance.「The brass ring」とは「真鍮製のリング」のことだが、アメリカのメリーゴーランドにはこの「The brass ring」というものがあり、乗っている最中にこれをつかむことが出来るともう一度乗れたらしい。これに由来するアメリカの俗語)私が今まで努力し、求めていたもの全て」(原文 Everything I'd ever worked for or wanted.)。
ジェニファー=ウォルターズへと戻るシーハルク。
大丈夫。私ならやれるわ。私ならもう彼女(=シーハルク)に頼らなくても大丈夫(原文 I can stand to be "her" again.直訳すれば、また彼女(=ジェニファー)になる(戻る)ことを我慢できる)。私なら、彼女の”力”、”能力”、”魅力”がなくてもやっていけるわ、そう、全部必要ないわ(原文 I can step away from the strength, the power, the glamour ...all of it!)。あいにく・・・類まれなる新陳代謝と巨大な体躯も失われてしまうんだけどね。
ジェンに戻ったことで、急激に酔いが回りだす。
あなたはぁ、わたしぃがぁほしいんでしょお、ホリウェイさぁん?やったわねぇ・・・(原文 Yah got me...あなたは私を手に入れたのよ、やったわね)
ホリウェイに寄りかかりながら、嘔吐して倒れるジェン。
ホリウェイ:月曜日から働き始めてもらおう。



SH3700730001.jpg  SH3700740001.jpg  SH3700750001.jpg



シーハルクに入る通信見たいなものはなんなんでしょうね?よくわからないので「無線」としてしまいましたが・・・。あれの話し手は誰だったのか?片方はブライアンと言うみたいですが、ブライアンって誰なんでしょう?謎は深まるばかりです。


She-hulk1 (SingleGreenFemale)の#1はどうだったでしょうか?
まさにシーハルクは自由奔放、天真爛漫といった感じです。
最初の方こそ、うまく行っているように見えましたが後半は災難の連続。まあ、自業自得といえばそれまでですが・・・。

#2からはホールデン=ホリウェイの超人専門法律事務所の下で働くことになります。
超人も困ったときには駆け込んでくるものなんですね~。これからが面白くなってくるところです。
#2から先も翻訳する予定ですが、いつになるかはとんと想像がつかないので忘れて置いてください(おい
スポンサーサイト


[ 2010/01/07 00:36 ] アメコミ翻訳 | TB(0) | CM(2)

You made it!

いやぁ、素晴らしい。翻訳、お疲れさまです。全部読んでみたのでコメントまでに時間が必要でした。シーハルクはイラストでしか見た事がなく、一体どんな感じなんだろうと思っていましたが、これでかなり雰囲気がつかめました。シーハルク=ジェンというのは周知の事実ということも。なるほど、面白いキャラ設定ですね。どこかでコミックを入手してみようかな?翻訳はラントルさんのブログを見ながら(笑)
[ 2010/01/09 20:40 ] [ 編集 ]

I made it!

こんなに長ったらしく読みづらい文章を読破していただけたとは、流石と言う他ありません。
楽しんでいただけたのなら嬉しい限りです。そういった感想(別に指摘でもいいんですが)があるとアメコミ翻訳のモチベーションが上がりますね。これからも本当にスローペースですが、アメコミ翻訳をやり続けていきたいと思います。
[ 2010/01/10 17:46 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rummagep1ace.blog51.fc2.com/tb.php/11-47bf79da








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。